メニュー

UVライトで日焼けするか

UVライトは日焼けの可能性があります

結論から書くと、UVライトは多少なりとも指が黒くなる可能性があると思います。日焼けが気になる人は、LEDライトを選ぶべきです。

その理由ですが、まずは紫外線とは何か?ということを知らなければいけません。


■紫外線のA波、B波、C波

紫外線UV-A,UV-B,UV-Cの解説図

紫外線にはA波、B波、C波があります。UV-Cが最も波長が短く人体に悪影響がありますが、UV-Cは通常大気を通過することはできません。(オゾン層で守られているため)

太陽光による紫外線のうち、地表まで到達するのはUV-AとUV-Bですが、地表に到達する紫外線の99%がUV-Aです。

  • UV-A(315~400nm)・・・B波より影響はかなり少ないが日焼けの原因になる。
  • UV-B(280~315nm)・・・日焼け、皮膚がんの原因になる
  • UV-C(280nm以下)・・・生体に悪影響を及ぼす。
長時間浴びると日焼けの可能性が!

UVライトの波長は、UV-A波です。B波が人体に与える害と比べて、A波は1000分の1の害であると言われているので、B波と比較すれば日焼けの可能性は随分と少ないとは思いますが、日焼けの原因となり得ることは事実です。

上記を考えると、ジェル用のUVライトも長時間浴び続けると手が日焼けしてしまう、と言えると思います。

ただジェルを硬化させるのにUVライトをあてる時間は2,3分なので日焼けの可能性は限りなく少ないとは言えます。が、完全にゼロではありません。

実際、UVライトで日焼けしてしまった・・・という相談がネット上に沢山見られます。UVライトを販売しているメーカーでも「気になる場合は手袋を」と記載しています。

ではでは、次にLEDライトはどうなのでしょうか?


LEDライトで日焼けするか

【LEDライトとUVライトのワット数・波長】違いと選び方←こちらの記事にも書いたのですが、LEDライトの波長は、下記の2種類に分けられます。

  • 400nm未満・・・紫外線LED
  • 400nm以上・・・可視光線LED
可視光線LEDを選ぼう♪

紫外線LEDライト(UV-LEDライト)の良い所は、波長の範囲が広いため手持ちのUVライト専用ジェルでも硬化出来る可能性が上がることです。

紫外線LEDライトでは375nm程度の波長のものが多く作られているようです。

ただし400nm以下の波長ではUV-A波となり日焼けの可能性があるので、日焼けが気になる人は400nm以上の可視光線LEDライトを選びましょう。

あゆが使っているのはジェリーネイルのジェルネイルキットに付属していたLEDライトなのですが、これは波長が405nmの可視光線LEDなので日焼けの心配はありません。
※詳しくは【LEDライトのメーカー】おすすめ・人気


 初めてでも超簡単!大人気のジェルネイルキット 

【3ステップ】で初心者でも超簡単つやつや!
売れに売れているジェルネイルキット★★

他キットは工程も複雑で初心者には難しすぎる・・・。「JELLY NAIL」(ジェリーネイル)なら3ステップで超簡単&余計な物は必要なし。セットに入ってる物だけですぐ出来る!
自爪の削りや未硬化ジェルの拭き取りも要らないので、時間短縮・経済的!
ジェリーネイル公式サイトはこちら

ジェリーネイルのジェルネイルキット施術例写真

| 短い爪でもできる? ←前 | 次→ 除光液は使っていい? |

あゆが使ってるキット

*ジェリーネイル*



あゆのジェルネイルキット記録
↑あゆの日々のネイル記録★
後悔しないジェルネイルキットの選び方

運営者「あゆ」の写真

【ジェルネイルキット実践記】
★へようこそ★

運営者のあゆです。
0歳&2歳姉妹のママ
忙しくてもネイルしたい!
でもお金はかけたくない
難しいの苦手・・・。
不器用でも簡単にできる
そんなネイル術ブログ★

【あゆネイルのモットー】

*育児中なので短め爪*
*簡単にできる*
*不器用でもできる*
*時間をかけない*
*お金をかけない*
*でもカワイイ!*

運営者「あゆ」イラスト
当サイトのイラスト・文章・写真等の無断転載を堅く禁じます。

ジェルの基本

やってみよう

ジェル豆知識

硬化ライト

お手入れ

知っておこう

ジェルの疑問

あゆのこと