メニュー

ジェルの種類

初心者に向いているのは「ソフトジェル」!

ネイルに使用するジェルは、含まれている成分の違いによって「ソフトジェル」(ソークオフジェル)と「ハードジェル」2つの種類があります

ジェルネイルの種類と比較

ソフトジェル(ソークオフジェル) ハードジェル
メリット ・柔軟性があり爪にフィットしやすい
・付け心地が軽い
・薄付きで自然な仕上がり
・専用の溶剤で自分で簡単に落とせる
・色を混ぜて、多くの色が作れる
・強度がある
・高さ、長さ、丸みを出す事ができる
(自爪の2分の1~3分の2まで長さを足せる)
・ソフトジェルよりツヤが出るメーカーが多い
デメリット ・長時間水の中にいるとジェルが浮きやすい
・摩擦などではがれてしまうことがある
・長さ出しが自爪の3分の1程度しかできない
・落とすのに時間がかかる
・落とすのに手間がかかる
・落とす時自爪まで削ってしまう恐れあり

もともと、ジェルが誕生したときは「ハードジェル」と呼ばれるものしか種類はありませんでした。

ハードジェルは強度が高くツヤも素晴らしいですし、長さ出しも出来たり・・というメリットも多くあるのですが・・・。

ただ、ハードジェルは落とす時に削って落とさなくてはいけないので、自爪まで削ってしまい落とすたびに爪がペラペラになってしまったり、酷い人はジェルをのせると染みて痛い!・・・というトラブルが多く、自分で簡単に・・とはいかない。という声が多く挙がっていました。

そこで登場したのが、【専用の溶剤「アセトン」で落とす事ができる】というソフトジェル(ソークオフジェル)と呼ばれるジェルです。

▼ソフトジェルを落とす溶剤

ソフトジェルを落とす「アセトン」

落とす時にガリガリ削り取らなくても良いので自爪が薄くなる心配もなく、家で自分で簡単に落とす事ができるので、一気にジェルブームとなりました。


■初心者におすすめなのは「ソフトジェル」!!

ソフトジェルなら自分でも簡単に落とせます

落とすのが簡単なだけではなく、柔軟性があるので爪にフィットする、爪に優しく2枚爪の人にも向いている、色を混ぜてつくることが出来るので経済的、などの理由も相まって、今ではソフトジェルを使う人がほとんどです。

ソフトジェルを塗っている写真 ソフトジェルでのネイルアート写真

ネイルサロンで主流なのも、ソフトジェルです。「カルジェル」「バイオジェル」などという名前はジェルの種類では無く、ソフトジェルのメーカー名です。→ジェルネイルのメーカー

初めてジェルネイルを自分でやってみたい!という人にももちろんソフトジェルがおすすめです!購入する前に、ジェルが「ソフトジェル」「ソフトオークジェル」かどうか必ず確かめましょう。

あゆが使っている「JELLY NAIL」も、ソフトジェルのひとつ。このジェルは特に完全硬化ジェルということで、最後の拭き取りがいらないので初心者でも簡単にツヤツヤジェルネイルが完成します。

 初めてでも超簡単!大人気のジェルネイルキット 

【3ステップ】で初心者でも超簡単つやつや!
売れに売れているジェルネイルキット★★

他キットは工程も複雑で初心者には難しすぎる・・・。「JELLY NAIL」(ジェリーネイル)なら3ステップで超簡単&余計な物は必要なし。セットに入ってる物だけですぐ出来る!
自爪の削りや未硬化ジェルの拭き取りも要らないので、時間短縮・経済的!
ジェリーネイル公式サイトはこちら

ジェリーネイルのジェルネイルキット施術例写真

| ジェルネイルとは ←戻 | 次→ ジェルネイルに必要な物 |

あゆが使ってるキット

*ジェリーネイル*



あゆのジェルネイルキット記録
↑あゆの日々のネイル記録★
後悔しないジェルネイルキットの選び方

運営者「あゆ」の写真

【ジェルネイルキット実践記】
★へようこそ★

運営者のあゆです。
0歳&2歳姉妹のママ
忙しくてもネイルしたい!
でもお金はかけたくない
難しいの苦手・・・。
不器用でも簡単にできる
そんなネイル術ブログ★

【あゆネイルのモットー】

*育児中なので短め爪*
*簡単にできる*
*不器用でもできる*
*時間をかけない*
*お金をかけない*
*でもカワイイ!*

運営者「あゆ」イラスト
当サイトのイラスト・文章・写真等の無断転載を堅く禁じます。

ジェルの基本

やってみよう

ジェル豆知識

硬化ライト

お手入れ

知っておこう

ジェルの疑問

あゆのこと